朝ヨガはダイエットに超効く!朝ヨガの効果とメリットを解説

2021-11-26

朝ヨガはその名のとおり、1日の始まりである起きてすぐの時間に行うヨガのことです。

ヨガをするべき時間帯に特に決まりはありませんが、体が眠りから覚めたばかりの状態にある朝は、
血流が悪く、睡眠中の副交換神経の働きの影響を受けてなかなか頭がスッキリしないことが多いです。

それを解決してくれるのが「朝ヨガ」です。そしてダイエットにもとても効果的!

そんな朝ヨガの効果やメリットを解説します。

30日100円のトライアル!まずは試してみて!

朝ヨガをおすすめする理由と効果

朝ヨガまたは朝に運動をおすすめするのは以下の3つの理由があります。

朝ヨガをおすすめする理由

  • 朝食前の運動は脂肪を燃焼しやすい
  • 朝の運動は代謝アップに繋がりやすい
  • 生活リズムが整う
  • ダイエットにも効果

朝食前の運動は脂肪を燃焼しやすい

運動をすると炭水化物などの糖質から消費し、脂肪はその後に消費されます。
しかし、寝起きの胃が空っぽの状態のまま運動をすると、脂肪から燃焼しやすくなります。
朝食前に運動することが朝食後に運動するよりも2倍も脂肪燃焼することがハビエル・ゴンザレス氏の研究チームによって明らかにされました。
運動の内容は、朝食前のヨガや軽いランニングはお勧めです。
自転車通勤の方は、空腹のまま早めに自転車で通勤し、通勤後に朝食を摂る方法もお勧めです。

朝の運動は代謝アップに繋がりやすい

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、脂肪を燃焼しやすいのは交感神経が優位な時です。
交感神経が優位な状態では基礎代謝が上がりやすく、朝〜日中は交感神経が優位になりやすい時間帯なんです。
さらに朝に運動を行うことで交感神経が優位な状態へと切り替えやすくなります。
交感神経が優位になることで脂肪を燃焼しやすくなるだけでなく、活動的な体になるために仕事や家事などの効率も向上しやすくなります。

生活リズムが整う

早朝に「朝ヨガ」や「朝ウォーキング」を行い、陽の光を浴びることで体内時計のズレをリセットできます。
運動をしない人でも、起きてすぐにカーテンを開けて陽の光を浴びながら20秒ほどたって外を見るだけで目覚めがよくなります。
また、早寝早起きの習慣が身につきます。特に夜の寝付きが良くなってきます。
朝活を行い午前中に生産性が高まることで残業が減ります。
そのため早く帰れるようになり、自然と生活リズムが整います。

朝ヨガはダイエットにも効く!

呼吸に合わせてゆっくり動き、少しずつ身体を目覚めさせていく朝ヨガは、血流を促す効果があります。
血流が良くなると、代謝が上がり脂肪が燃焼されやすくなります。
一度上がった代謝は一日中上がったまま過ごせるのです!これはいいですよね!
胃が空っぽな朝は、血糖値が低く、脂肪からエネルギーが作られるので、朝ヨガを継続すると太りにくい身体になると言われています。
また、内臓を刺激したりマッサージするポーズを行うと、体内の老廃物を排出する効果(デトックス)も期待できます。

朝ヨガにおすすめなオンラインヨガサービス
SOELUでオンラインヨガを楽しむ !おうちヨガにおすすめの5つの特徴を紹介!
オンラインパーソナルヨガはYOGATIVEだけ!料金や5つの特徴を紹介

早起きは三文の得 朝ヨガでダイエットしましょう!

朝ヨガにはうれしい効果がたくさんあります!まさに早起きは三文の得。
ほんの少し早起きをすることで、生活リズムが整い、1日の過ごし方が変わってくるかもしれません。

ダイエットしたいと思っているみなさんも朝ヨガ始めてみませんか?

30日100円のトライアル!まずは試してみて!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぶたろう

40代男性 食事療法とウォーキングにより4ヶ月で15kgのダイエットに成功。 このブログでは自身の経験を元に ・ダイエットに関する話題(フィットネス・ヨガ・サプリメント) ・嗜好品の話題 を記事にしています。 「ダイエットも継続がキモ」 でゆる~りとお伝えしていきたいと思います。

-ヨガ, soelu, ヨガティブ